最近の記事

2020年09月22日

飲料自販機でストッキングも販売 ダイドードリンコとグンゼ [朝一から閉店までφ

1 :朝一から閉店までφ ★:2020/09/18(金) 21:43:51.57 ID:LJXRE+jc9.net
飲料自販機でストッキングも販売
ダイドードリンコとグンゼ
2020/9/18 17:45 (JST)9/18 17:47 (JST)updated
©一般社団法人共同通信社

 ダイドードリンコとグンゼは18日、自動販売機でストッキングの販売を始めたと発表した。出勤時や仕事中に伝線するなどし、急きょ必要になった女性らの需要を見込んでいる。今後オフィスなどを中心に設置を進めていきたい考えだ。

 ダイドーの自販機でストッキングを扱うのは初めて。グンゼの2種類の商品をそれぞれ500円で販売する。飲料や菓子などを販売する自販機に、ストッキングも収納できるようにした。

 グンゼ調査によると、女性の4人に3人は仕事中などに伝線などで替えが必要になった経験があったという。まずはグンゼ大阪本社などに設置し、反応を踏まえ台数を増やしたいとしている。

https://this.kiji.is/679605731119514721



続きを読む
posted by syatyosan at 20:11 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小学校の20代男性教諭を1ヶ月停職処分に 宿題を児童に返却せず自らの家庭ごみと一緒に捨てる 新潟県上越市 [さかい

1 : :2020/09/19(土) 08:31:08.61 9.net
児童の宿題を捨てた上越地方の20代男性教諭停職処分
https://www.joetsutj.com/articles/97633530
2020年9月19日 (土) 07:16 上越タウンジャーナル

児童が学校に提出した宿題を家庭ごみのごみステーションに捨てたとして、新潟県教育委員会は2020年9月18日、上越地方の小学校に勤務する20代の男性教諭を停職1か月の懲戒処分にしたと発表した。

県教委によると、男性教諭は今年6月、担任するクラスの24人の児童が提出した絵日記や学習プリントなどの宿題や学習カードなどの確認や評価、児童への返却を行わず、自らの家庭ごみと一緒に居住地以外のごみステーションに捨てた。宿題は新型コロナウイルスの影響による臨時休校中や学校再開後に、男性教諭が家庭学習として児童に課したものだった。

ごみステーションの管理者が、指定ごみ袋ではない透明のビニール袋に入ったごみが捨てられていたことから、中身を確認し発覚した。児童の氏名が書かれた学習プリントなど約260枚が捨てられていた。

男性教諭は、5月に学校が再開して新型コロナ対応の業務が増えたことなどから「児童の宿題を安易に考え、面倒になった」などと話しているという。

捨てられていた宿題は全て回収され、情報流出などの被害は確認されていない。



続きを読む
posted by syatyosan at 18:11 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「転勤」は楽しい!?1歳の子どもを連れて関東から九州へ「転勤族」妻のホンネ [首都圏の虎

1 :首都圏の虎 ★:2020/09/21(月) 21:44:24.07 ID:vOT/yT7M9.net
会社の都合で言い渡される転勤。多くの場合、夫の転勤に妻がついていくことになりますが、強制的に今の暮らしを変えられてしまうわけで、そこには多くの苦労や悩みがあるはず。

今回は、転勤の多い夫の会社都合で、3年前に茨城から福岡へ移り住むことになった綾子さんにお話をお聞きしました。

取材・文:みらいハウス 阪口千春、渡部郁子

茨城から福岡へ、1歳の子どもとともに転勤
茨城県守谷市に住んでいた綾子さんと家族が福岡県福岡市に引っ越したのは、2017年3月のこと。都内に勤務していた夫が通いやすく、綾子さんの実家も近いことからTX(つくばエクスプレス)沿線の茨城県で生活していましたが、夫の転勤により、実家から遠く離れた福岡の地で新しい生活が始まりました。

「結婚するときから夫の会社が転勤の多い会社であると理解していました。いつかは転勤になるという覚悟はあったものの、福岡への転勤と聞いて、その距離にまずは驚きました。ですが、すでに福岡に転勤経験がある夫の職場の仲間から『福岡はとてもよいところ』と聞いていたので、行ってみたいという気持ちのほうが大きかったです。

ただ、当時息子は1歳。転勤に対して不安な気持ちはなかったものの、両親も知人もいない土地だったので、何かあったときに子どもをちょっと見てくれる人がいないということで、大変だと感じることもありました」

猶予は「辞令から1カ月」、慌ただしい引っ越し準備

辞令が出てから1カ月しか猶予がなかったため、綾子さん家族は翌週には物件を見に福岡を訪れ、その日のうちに新居を決定。帰って来てからは引越しの準備に取りかかりました。知らない土地で子育てをすることにもあまり不安がなかった、綾子さんは言います。

「福岡は海も山も近く、有名観光地もたくさんあります。平日に子どもを連れて遊びに行ったり、休日に家族そろって遊びに行く場所もたくさんあって、旅行気分で楽しめました。

また、福岡のかたは穏やかで温かいかたが多いので、とても助けられました。たとえば、息子はもともと呼吸器系が弱いと感じていたのですが、福岡に来て小児喘息を持っていることが分かりました。

ネットで探して初めて行った病院でも、とても親切にしてもらい、今ではかかりつけ医のような存在です。どこに行ってもやさしく接してくれるかたが多く、嫌な気持ちになったことがありませんね」

転勤で「残念なこと」「困っていること」とは?
転勤を旅行のように楽しんでいるという綾子さん。新しい土地に住むことで得られる驚きや気づきがあり、家族で出かけたいところはたくさんあると言います。綾子さんにとって、いいことづくしの転勤ですが、ひとつだけ残念に思うところがありました。

「私の実家は茨城県、夫の実家は大阪府と、どちらも福岡から遠く、小さい孫をそれぞれの両親に会わせることがなかなかむずかしいんです。以前は『ちょっと今から行くね』と、すぐに会いに行けたのですが、なかなか孫を会せることができなくなり、とても心苦しく感じます。そのことを思うと『転勤なんてなければいいのに』と感じることがあります」

親と会えないのは「残念」と話す綾子さん。それに加えて転勤では「困る」こともあるそうです。それはお金の問題。

「子どもがいると転勤にはとてもお金がかかります。幼稚園や学校が変わると、教科書や用具を買いそろえる必要があり、出費がかさみます。引越しに関する支度金などの手当てがないため、今後、いつまた転勤があるのかと考えると、心配に思うことはあります。家族の声として、子どもがいる家族の転勤は大変であるということは会社に伝えていますが……」

夫の転勤で悩む人へ伝えたいこと
綾子さんは、夫の転勤を前向きにとらえ、転勤そのものを楽しんでいます。なぜそれほどポジティブに転勤を捉えているのでしょうか? 

「私の場合、選択肢はひとつしかありませんでした。ひとつしかないからこそ、その状況でよい方向、楽しい方向に考えないとネガティブになってしまうと思い、ポジティブに考えるようにしました。

この先、子どもが学校に通うようになって、たくさんの友だちができたころにまた転勤になったらどうしよう……と思うこともあります。今後の転勤については、子どもの環境面を考えて対応していきたいと考えています」

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/d163603dfe69b46a0c0b74a995415db9d955aac1





続きを読む
posted by syatyosan at 16:11 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする