最近の記事

2023年02月01日

「住んだら生涯独身になる街!?」トップ3。国勢調査を分析した驚きの結果

1 :七波羅探題 ★:2023/01/31(火) 23:22:43.17 ID:Lvc9EqK99.net
SPA2023年01月31日
https://nikkan-spa.jp/1886773

間もなく引っ越しシーズンが到来。「住みたい街」上位に飛びつくよりも、「住みたくない街」を回避するのが賢明だ。さまざまな観点のランキングを参考に、快適な住まいを探すのだ! 今回は国勢調査の結果を基に算出した「生涯独身貴族になる!?街」編。プロが選ぶ“マジで住みたくない”エリアとは?

■おひとり様の安住の地は北区、未婚の男は高コスパがお好き
住む街を決める要素は十人十色だが、自然と単身者が集まり、生涯未婚となる人の割合が高い街が存在する。独身研究家・荒川和久氏が’20年の国勢調査を基に作成したデータによれば、男性の生涯未婚率の高い街[※]は下の通り。

■生涯独身貴族になる!?街 TOP 3
1位 北区 39.5%
コスパのよさが仇に。一度住むと抜け出せない

2位 豊島区 32.8%
特に池袋駅北口の猥雑さは女性人気×

3位 中野区 32.4%
オタクやサブカルのイメージが凶と出ることも

※’20年国勢調査の人口等基本集計の結果を基に、配偶関係不詳を除いた未婚率計算

■未婚率が高い原因は?
「北区はほかの区に比べて家賃相場も低く、コスパのいい飲み屋が充実している。大学も多く、上京した学生が最初に一人暮らしを始める場所になりやすい。一人でも孤独を感じず、良くも悪くも結婚に憧れを抱きにくい。未婚率が高いのは住みやすさが原因でしょう。

中野区も同様で、中野ブロードウェイなど男性オタクが楽しめる施設も多いエリア。ただし、豊島区が多い理由は正直謎です」(荒川氏)

■恋愛する気にはならない!?
一方、この順位を見て「確かに洗練感のないこの3区に住む男とは恋愛する気にはならない」と言い切るのは恋愛コラムニストの妹尾ユウカ氏。

「恋愛市場においては住む場所も重要な看板。例えば飲み会でお持ち帰りされて、いざ着いてみると豊島区だったら正直萎える。モテを意識するなら上位3つは住むべきではない街でしょうね」

恋愛に価値を置くなら、住む場所選びも重要か。



続きを読む
posted by syatyosan at 08:11 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月31日

卵値上がり続く サンドイッチの卵減量も…コンビニが対応策

1 :おっさん友の会 ★:2023/01/31(火) 18:07:21.75 ID:yTKBZPxQ9.net
卵の値上がりが続く中、コンビニではサラダやサンドイッチに使う卵の量を減らすなど見直しを進めています。

セブンイレブンでは31日からサラダやサンドイッチなど卵を使った10種類の商品で、卵の使用量を減らすなどの
対策を始めました。たとえば「ハムとたまごのサンド」はゆで卵の量を減らし、代わりにハムを増量。「ツナと玉子の
サラダ」はこれまで2分の1個のっていたゆで卵を4分の1個にし、その分、野菜を増やしました。価格はこれまで通りです。
一方「半熟煮たまご」など15種類の商品は当面、販売を休止します。

ローソンもファミリーマートも卵を使った商品の内容変更を検討しています。

卵の価格は、31日の時点で、東京でのMサイズ1キログラムの卸売価格が305円となっていて、過去最高値をつけています。
鶏のえさ代高騰に加え、鳥インフルエンザの感染拡大が影響しています。

ヤフーニュース(日テレニュース) 1/31(火) 14:59配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/db1c0e956b7a80be44a3366ed8a695986361bb93



続きを読む
posted by syatyosan at 20:11 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月29日

後輩からランチに誘ってもらえない…そんな中高年が無意識にしている「ウザ会話」7つのパターン

1 :七波羅探題 ★:2023/01/29(日) 08:55:22.00 ID:ulu06dlF9.net
PRESIDENT Online阿隅 和美
https://president.jp/articles/-/65678

なぜあの人はランチに誘ってもらえないのか
リモートワーク中心だった人も、今年は出社をして以前のように職場の人たちとランチに行く機会が増えてくるのではないでしょうか。

職場でのランチは、仕事の息抜きに気の合う者同士誘い合って行くことが多いですね。あなたの周りにも、「一緒に行きませんか」と後輩からよくランチに誘ってもらえる人がいると思います。その一方で、誘ってもらえない人もいるのではないでしょうか。後輩からランチに誘ってもらえない人は、もしかしたら無意識に会話のマナー違反をしている可能性があります。

そこで今回は、ついやってしまいがちな“嫌われる会話”を取り上げながら、周囲に好かれる魅力的な人の会話術を探っていきましょう。

「おしゃべり」を一人だけ楽しんでいないか
言語のコミュニケーションは、「対話」「会話」「おしゃべり」の3つに分類できます。「対話」は議論などをして相互理解や結論を導き出すために行われるもので、職場では会議など仕事中のコミュニケーションです。「会話」は相手に話を合わせるもので、人間関係を構築する働きがあります。会話力は、職場で自分が仕事をしやすい環境を整えるために必要不可欠です。そして、「おしゃべり」は自分が話したいことをとりとめなく話すことです。話している本人はストレス解消にもなりますが、あまりに自分本位だと周囲がうんざりします。

この中で、職場のランチタイムに相応しいのは、関係を築く「会話」です。後輩相手だからといって好き勝手にしゃべっていいわけではないのです。この、「会話」と「おしゃべり」の違いをわきまえていないと、周囲から嫌われてしまうこともあるのです。「おしゃべり」好きな人は、職場ではなく、プライベートで存分に楽しむといいですね。

それでは、ここから嫌われる人の会話の特徴を見ていきましょう。

1.自分の話ばかりして“私は座持ちがいい”と勘違い
2.人の失敗談で場を盛り上げようとする
3.年齢の自虐ネタ
4.噂話や悪口を話すのが好き
5.愚痴やネガティブワードが多い
6.上から目線の話し方になっている
7.会話のマナー違反を連発している

※長文の為全文は出典先で



続きを読む
posted by syatyosan at 12:11 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする