最近の記事

2022年01月31日

教諭が児童名簿を流出、報酬支払われずに「個人情報売る教諭がいる」と暴露される

1 :朝一から閉店までφ ★:2022/01/31(月) 12:46:48.42 ID:WVbbWmCG9.net
2022/01/30 09:50

 山梨県市川三郷町は29日、町内の小学校に勤務する20歳代の男性教諭が、ツイッター上で知り合った人物に児童29人分の個人情報を流出させたと発表した。現時点で児童への被害は確認されていないが、県警にパトロールの強化などを依頼しているという。

 町教育委員会によると、相手は「個人間融資」をうたうツイッター上のアカウントで、教諭からダイレクトメッセージで連絡を取った。両者に面識はないという。
今月24日に「児童の個人情報を買う」と持ちかけられ、応じた教諭はパソコンからダウンロードした児童名簿を印刷してスマートフォンで撮影、相手に送信した。名簿は教諭が勤める学校の3、4年生のもので、氏名、性別、住所、保護者名、自宅電話番号、緊急連絡先が記載されていた。

 しかし金銭は支払われず、27日には相手のアカウントがツイッターの投稿で「個人情報を金で売る教諭がいる」などと公開。教諭が送った名簿の写真も、個人情報を黒塗りにした状態で添付されていた。
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
 https://www.yomiuri.co.jp/national/20220129-OYT1T50291/



続きを読む
posted by syatyosan at 14:11 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月30日

東京お台場「地図から消された橋」撤去へ 青海橋 なぜ短期間で使われなくなったのか

1 :朝一から閉店までφ ★:2022/01/30(日) 18:09:23.43 ID:AJZliNZj9.net
2022.01.28 乗りものニュース編集部

お台場こと臨海副都心のど真ん中にひっそりと架かっている「青海橋」の撤去へ向けた準備が進んでいます。今もクルマが走りそうな状態ではあるものの、閉鎖され、現地の案内図からも消されています。極めて短命に終わった橋でした。
https://trafficnews.jp/post/114883





車線も街路灯も道路鋲もそのまま でも「廃橋」

 東京の「お台場」こと臨海副都心は、1980年代から開発が始まった埋立地エリアです。数々の施設ができていったのも、人によっては“記憶に新しい”ことでしょう。その臨海副都心のど真ん中に、廃止され、いま撤去に向けた準備が進んでいるという橋があります。



道路設備がそのまま残る青海橋(乗りものニュース編集部撮影)。

 それは、りんかい線東京テレポート駅のすぐ東側、有明西運河に架かる「青海橋」です。北側の有明橋(国道357号西行き)、南側の夢の大橋(歩道橋)とともに、運河で隔てられた青海地区と有明地区を結んでいますが、青海橋の両端に道路はなく、柵で閉鎖されています。

 とはいえ、舗装された橋の上には、車道の上下線を分ける道路鋲、歩道の縁石、街路灯などがそのまま残り、いまにもクルマが走ってきそうな雰囲気すら感じます。

 しかし、有明側の近くに掲示されていた東京都港湾局作成の周辺案内図には、有明橋と夢の大橋の間に青海橋が描かれていません。目の前に架かっているにもかかわらず、「用途廃止したものですので、記載していません」(東京都港湾局)とのこと。

 この橋、いったい何のために架けられたのでしょうか。

【次ページ】 もともとは湾岸道路のう回路
https://trafficnews.jp/post/114883/2



続きを読む
posted by syatyosan at 20:11 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成人年齢が引下げられる事に伴いアルバイト採用時の保護者同意を見直す動きが出る

1 :凜 ★:2022/01/30(日) 13:59:39.57 ID:UFuzfMma9.net ?2BP(1000)


■NHK(2022年1月30日 12時01分)

ことし4月に成人年齢が18歳に引き下げられることを受けて、外食大手など企業のあいだでは、18歳と19歳をアルバイトとして採用する際に求めている保護者の同意を見直す動きが出ています。

※全文は元記事でお願いします
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220130/k10013457141000.html



続きを読む
posted by syatyosan at 16:11 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。