最近の記事

2020年10月31日

所有者不明の老朽空き家、対応なければ取り壊し 少なくとも築53年以上で倒壊恐れ、京都市が公告 [朝一から閉店までφ

1 :朝一から閉店までφ ★:2020/10/31(土) 06:11:03.60 ID:kJpNSPs+9.net
2020年10月30日 16:03

京都市が期限までに対応がなければ取り壊すと公告した空き家(京都市左京区)=市提供




 京都市は30日、左京区にある空き家が老朽化し、倒壊する恐れがあるとして、12月1日までに所有者が対応しなければ行政代執行で取り壊すと公告した。空き家対策特別措置法に基づき、市が公告を出すのは5例目。

 対象の空き家は木造平屋建てで約30平方メートル。2016年1月に地域住民から通報があった。登記簿がなく所有者は不明だが、市内の航空写真から少なくとも築53年以上は経過しているとみられる。

 市の調査で固定資産税の課税情報から相続人が3人いることは判明したが、いずれも相続放棄しており、改善のめどはたっていない。放置すれば地域住民に危害が及ぶ可能性が高いことから、公告に踏み切ったとしている。

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/395604



続きを読む
posted by syatyosan at 10:11 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

サンゴ大きく育て 宍喰小児童が移植体験 徳島 [朝一から閉店までφ

1 :朝一から閉店までφ ★:2020/10/30(金) 18:18:26.28 ID:WpSVzUHt9.net
斉藤智子 2020年10月27日 10時00分

 太平洋のサンゴと熱帯魚に彩られた室戸阿南海岸国定公園の景勝地「竹ケ島海域公園」(徳島県海陽町宍喰浦)の湾内の海で26日、地元の町立宍喰小学校の5年生12人が枝サンゴ「エダミドリイシ」を保全するための移植体験をした。

 この日、児童たちは海中観光船ブルーマリンでエダミドリイシの群落が広がる海域へ移動。船上でサンゴの骨格からできた穴の開いた石に、稚サンゴ付きのピンを水ボンドで慎重に接着した。稚サンゴはこの海域のエダミドリイシから採卵し、竹ケ島にある海洋自然博物館マリンジャムの水槽で育てた。8月に産まれたもので直径5ミリほど、1年育てたもので1〜2センチほどという。

 児童たちは、各自の名前や「長生きしてね」「オニヒトデに負けるな!」などとメッセージを記したプレートを石に添えた。宍喰漁協青壮年部員やマリンジャムのスタッフが海中に潜り、児童たちが水中の窓から見守る中、石を海底に設置した。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://www.asahi.com/articles/ASNBV759VNBVPTLC017.html



続きを読む
posted by syatyosan at 22:11 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「持続化」返還申し出6028件 不正受給受け経産省が呼び掛け [孤高の旅人

1 :孤高の旅人 ★:2020/10/30(金) 17:06:29.59 ID:lhP7yXHD9.net
「持続化」返還申し出6028件 不正受給受け経産省が呼び掛け
2020年10月30日16時41分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020103001000&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

 経済産業省は30日、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた中小事業者を支援する「持続化給付金」の不正受給が相次いだ問題で、29日までに自主的な返還の申し出が6028件あったと発表した。経産省は要件を満たさないのに受給した人に返還を呼び掛けている。
 申請書類の偽造などの不正が相次ぎ、返還を申し出たうちの1割強、751件は既に事務局口座への返金手続きが完了した。経産省は申し出急増を受けて、7月上旬に口座送金の受け付けをいったん停止。管理システムを増強した上で、30日から返金が済んでいない残りの5277件を含め返金の受け付けを再開した。



続きを読む
posted by syatyosan at 20:11 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする