最近の記事

2020年06月29日

あおり運転繰り返したか 男を書類送検 福岡県宗像市 [さかい

1 :さかい ★:2020/06/29(月) 12:13:26 ?2BP ID:kcFTfAfN9.net
sssp://img.5ch.net/ico/2morara.gif
2020年6月29日 12時09分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200629/k10012487561000.html

福岡県宗像市で、乗用車を運転していた会社員が、前を走る車に急接近するなどの「あおり運転」を繰り返したとして、暴行の疑いで書類送検されました。

書類送検されたのは、宗像市に住む36歳の会社員の男です。

警察によりますと、ことし4月、宗像市栄町の県道や市道で乗用車を運転していた際、前を走る75歳の男性が運転する車に対しクラクションを鳴らしながら後ろから急接近したり、追い越して急に減速し男性の車を停止させたりするなど、およそ700メートルにわたって「あおり運転」を繰り返したとして、暴行の疑いが持たれています。

その後、男は乗用車を降りて男性の車の運転席の窓をたたくなどしましたが、男性はすぐに車を発進させて逃げ、近くの交番にドライブレコーダーの映像などを提出しました。

警察の調べに対し、男は「相手からクラクションを鳴らされて、カッときた。謝罪させるためにやった」などと供述し、容疑を認めているということです。



続きを読む
posted by syatyosan at 16:11 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

「専業主婦は、最高の仕事」 三児育てる40代女性、部活で留守がちな夫と築く「理想の形」 [みなみ

1 :みなみ ★:2020/06/28(日) 21:26:01 ID:zTZFdi1p9.net
2020年6月28日 7時2分
https://news.livedoor.com/article/detail/18486309/

【#父親のモヤモヤ】
「専業主婦は、私に与えられた最高の仕事です」。首都圏に住む専業主婦の40代女性からそんなメールが寄せられました。三児の母親で、40代の夫の妻です。話を聞いてみると「男は仕事、女は家庭」という価値観に縛られている訳ではないと言います。なぜ、専業主婦を選んだのでしょうか。(朝日新聞記者・高橋健次郎)

【マンガ】赤ちゃんとの関係、恋人に例えると… 漫画から伝わる、育児の過酷さ「今、まさに娘がこの状態」

部活で家を空ける夫、でも「理想の形」
女性の子どもは、小学生と未就学児の3人。夫は教師です。部活動に熱心な学校で、休みは月に1日程度、合宿などの泊まりで年間計3カ月は不在と言います。「留守がちな父親に子どもが懐くはずもなく、夫が抱っこをすると子どもが号泣する時期もありました。部活の遠征時には、テレビ電話で話したり、写真を見せたりして『お父さんは頑張っているよ』と言ってきました」

それでも、いまの役割分担を「理想の形」と表現します。「夫は、生徒や保護者に愛され、部活で選手を強くすることが仕事。私は、家庭を守り、子どもを育てる。それがお互いを刺激し合う、よい形だと思います。夫に『イクメン』であることを求めたことはありません」。休みの日、子どもたちと懸命に遊んでくれることで十分と話します。

以下ソースで



続きを読む
posted by syatyosan at 22:11 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「貧困女子」奨学金返済と夜職沼…彼の妻からの攻撃に、心身を病む37歳の夏 [みなみ

1 :みなみ ★:2020/06/28(日) 16:47:11 ID:zTZFdi1p9.net
6/28(日) 10:01配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/473c34ffb8cab79198d4eb25eefc071e1269f74a

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは、普通の毎日を送っていたはずが、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです 。

小川未菜さん(仮名・37歳)は、現在無職。半年間、うつ病の治療しつつ、貯金を食い潰しながら生活をしています。

「貯金はあと30万円。先日、生活保護の申請をしたら、門前払いされました。こんなに私が苦しいのに、どうして誰も助けてくれないんでしょう」

未菜さんは35歳までは、カツカツながらも普通の生活をしていたといいます。

「35歳のときに、雑貨の輸入をしている会社に転職しました。そこにいたのは、5歳年上の彼です。元水泳部のがっしりした体つきで、目力が強く、服のセンスも抜群で、ホントに素敵でした。私が先に好きになったのですが、後から結婚して子供がいることを知ったのです」

大人になってから久しぶりの恋は、諦める方向で終息させようとしたのですが……。

「会社の忘年会で席が隣同士になったんです。これも運命だと思って、『半年間、ずっと好きでした。奥さんがいるのも知っています。片想いしてもいいですか?』って聞いたら、ドキッとした顔をして『いいよ』って。その帰り道に、彼の方から誘ってきて、男女の関係になりました」

それまで、不倫なんてしたことがなかったし、不倫を憎んでいたと語る未菜さん。

以下ソースで



続きを読む
posted by syatyosan at 18:11 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする