最近の記事

2017年07月22日

バイクの男性(49)、高速道路で落し物を拾おうとして車にはねられ死亡 横浜市・保土ヶ谷バイパス

1 :野良ハムスター ★:2017/07/17(月) 13:24:37.80 ID:CAP_USER9.net
時すぎ、横浜市の保土ヶ谷バイパス下り線で10歳の息子とバイクに乗っていた安本尋幸さん(49)が落とし物を拾うためにバイクを止め、道路を横断しようとしたところ、後ろから来た乗用車にはねられた。

安本さんは病院に搬送されたが、その後、亡くなった。

警察の調べに対し乗用車を運転していた男性は、「気が付いたら男の人が目の前に現れた」「急ブレーキを踏んだが、間に合わなかった」などと話しているという。

http://www.news24.jp/articles/2017/07/16/07367157.html

★1:2017/07/16(日) 23:57:10.60
前スレ
https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500217030/



続きを読む
posted by syatyosan at 12:11| 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電の関連企業 買い取り価格引き下げで倒産増加

1 :(^ェ^) ★:2017/07/17(月) 11:50:29.83 ID:CAP_USER9.net
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170717/k10011061951000.html

太陽光で発電した電気の買い取り価格の引き下げが進んだことなどを背景に、先月までの半年間に太陽光発電の関連企業が倒産した件数は、去年の同じ時期の2倍以上に増えています。

民間の信用調査会社「帝国データバンク」によりますと、太陽光パネルの販売や設置などを手がける太陽光発電の関連企業の倒産は、ことし1月から先月までの半年間で合わせて50件と、去年の同じ時期の2.2倍になっているということです。

太陽光で発電された電気は、国が決めた価格で電力会社が買い取り、利用者の電気料金に上乗せされる仕組みになっています。

しかし、この制度で料金に上乗せされる金額は、今年度の総額で2兆円を超える見通しになっていることなどから、国は利用者の負担を抑えるため、買い取り価格の引き下げを進め、現在は制度が始まった5年前のおよそ半額の水準になっています。

倒産の増加の背景には買い取り価格の低下があると見られ、信用調査会社によりますと、倒産した関連企業の中には太陽光パネルや部品のメーカーも増えているということです。

信用調査会社は「買い取り価格は今後も引き下げられる可能性があり、太陽光の関連企業からは『もはや経営が成り立たない』という声も聞かれる」と話しています。



続きを読む
posted by syatyosan at 10:11| 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出所者らの再犯防止に支援充実 政府…協力してくれる自治体を募ってモデル事業を開始「社会の居場所作り」

1 :コモドドラゴン ★:2017/07/17(月) 10:03:06.12 ID:CAP_USER9.net
 政府は16日、刑務所からの出所者らの再犯防止を徹底するため、行政機関や福祉施設などが連携して社会復帰を後押しするネットワーク組織を、都道府県や政令指定都市ごとに創設する検討を始めた。就労支援や住居の紹介などを迅速、効率的にできるようにするのが狙いで、平成30年度にも制度設計に着手する。刑法犯の検挙人員は減少しているにもかかわらず、再犯者の比率が年々伸びる中、刑務所運営の財政負担削減の観点などからも対策を求める声が強まっている。

 再犯者比率の高まりは社会問題化しており、昨年末には、出所者支援を充実させるべきだとした「再犯防止推進法」が議員立法で成立した。再犯防止には、出所者の「居場所」を作り、犯罪に手を染める環境に追い込まないことが重要だ。

 新制度では、都道府県や政令市ごとに、行政や福祉施設、医療機関、NPO法人、ボランティア団体などからなる協議会のような連携組織を作って、情報共有をはかる。

 その上で、出所者らの相談などを一元的に引き受ける窓口を設け、連携組織を通じて仕事、住居を紹介したり、高齢者や障害者を福祉施設、医療機関につないだりする。窓口は行政が担っても民間に委託しても良い。出所者は複数の機関を回る手間が省け、効率的に最適な対応を受けられる。

 政府は30年度にも協力する自治体を募ってモデル的な事業を始め、成果を見ながら全国へ広げる考えだ。

 法務省によると、27年の刑法犯の検挙人員は昭和47年以降で最少だったが、再犯者比率は48・0%と最高。また、刑務所出所後、2年以内に再入所する比率は約2割、5年以内は約4割で高止まりが続く。

 刑務所の入所者削減を徹底するには再犯者をどれだけ減らせるかがカギを握る。「入所者1人あたり2年半で1千万円かかる」(自民党)刑務所の運営経費を下げるためにも、再犯者の削減は重要となる。
http://www.sankei.com/smp/affairs/news/170717/afr1707170006-s1.html





続きを読む
posted by syatyosan at 08:11| 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする