最近の記事

2017年01月24日

天狗の鼻が折れる…あまりにもかわいそう

1 : ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ 99a7-R0sN):2017/01/19(木) 22:07:57.87 ID:CAP_USER9.net
京都市左京区の叡山電鉄鞍馬駅前にある巨大な天狗(てんぐ)の像の鼻が、
雪の重みで折れた。天狗伝説ゆかりの地域のシンボルとして
親しまれており、管理する叡山電鉄は「あまりにもかわいそう。

*+*+ 京都新聞 +*+*
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20170119000155 
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured



続きを読む
posted by syatyosan at 22:11| 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌冬季アジア大会、開幕まで1カ月 チケット苦戦、まだ3割 競技で明暗、追い風期待

1 :(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/01/19(木) 20:06:21.14 ID:CAP_USER9.net
札幌、帯広の両市で開かれる冬季アジア札幌大会(2月19〜26日)が、開幕まで1カ月となった。
過去最多31カ国・地域から約2300人が参加予定で、
札幌市にとっては1972年冬季五輪(1655人)を上回る過去最大規模の国際大会となる。

しかし、2018年韓国・平昌冬季五輪を控え、トップ選手の多くは各競技の世界選手権などを優先。
知名度不足もあり、チケット販売は約3割にとどまり、苦戦している。

 大会組織委員会によると現在販売中のチケットは1万2000円〜500円。

http://mainichi.jp/articles/20170119/ddr/041/050/004000c



続きを読む
posted by syatyosan at 20:11| 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

重度障害児が子ども用車椅子を使用していると「邪魔だからベビーカーたためよ」と怒られる…対策は?

1 :コピペ魔神 ★:2017/01/23(月) 15:57:16.44 ID:CAP_USER9.net
医療的ケアのある子どもたちに、障害児保育を提供しているフローレンスの駒崎です。
障害児のお母さんから、こんなことを聞きました。

「少し混んでいる電車に、子どもと乗ったら、『混んでるんだよ。邪魔だからベビーカーたためよ』と怒られました」
「お店に入った時に、『場所を取って他のお客様のご迷惑になるので、(ベビーカーは)お控えください』と店員さんに言われました」

こども用車椅子(バギー型車椅子、通称バギー)が、よくベビーカーと間違われるということなんです。

【ベビーカーとこども用車椅子】
これを機会に、ベビーカーとバギーの違いを見てみましょう。

こちらが一般のベビーカーです。
写真:


そして、こちらがバギーです。
写真:


少しバギーの方が大きい感じがしますが、ぱっと見は見分けがつきづらいかと思います。
しかし、このこども用車椅子は、ベビーカーと同様に、あるいはそれ以上に子ども達や親たちには欠くことのできない道具です。

【こども用車椅子の意義】
バギーを使う子ども達は、首が座っていなかったり、寝たきりであったり、姿勢が固定できなかったりします。
そうすると、一般のベビーカーはもとより、普通の車椅子でもフィットしません。
その子どもの障害に合わせて背もたれの角度を変えられたり、姿勢を固定できる、ということが大きいです。
また、医療的ケア児の場合は、人工呼吸器などの医療デバイスを常に持ち歩かなくてはいけないので、デバイスごとバギーに入れておける、というのは移動するのに非常に助かります。
重度障害児の親にとっては、バギーがなければ、子どもを連れての移動は非常に難しくなるのです。

【バギーがわりにベビーカーを使うことも】
重度障害児の中には、先天性異常で体が大きく成長せず、長くバギーを使う子もいます。
そういった子どもの中で、姿勢も安定して、医療的ケアもそこまでない、という子であれば、一般の重量の軽いベビーカーを使う場合があります。
また、外部からは分かりませんが、心臓疾患で長い距離を歩けない子ども達も、比較的大きくなってもベビーカーに乗ります。
そうした場合のベビーカーは、実質的にはバギーと同様の役割を担っていると言えるでしょう。

【ベビーカーに優しい社会は、車椅子にも優しい社会】
そういったケースの当事者からして見たら、「ベビーカーで混んでるところに来るな」「電車でたためよ」等の言葉は、非常に抑圧的に響くことになります。
バギーを利用する子どもの多くは首が座っていなかったり、医療デバイスがついていて、バギーからすぐには降ろせない子ども達です。
またベビーカーをバギー代わりに使う子ども達にとっても、ベビーカーは命綱です。
ベビーカーに厳しい態度をとる人々は、ベビーカーとバギーの違いも、ベビーカーが車椅子の代替になっている現状も知らない場合がほとんどなので、多くの障害児家庭を萎縮させ、嫌な思いを感じさせている側面もあるのです。
ベビーカーに優しい社会は、こども用車椅子にも優しい社会だ、と言えるでしょう。

【当事者からの発信】
バギーが一般の人からは分かりづらいため、マークが作られています。「バギーマーク」です。
写真:


医療的ケア児の当事者のお母さん達が作っていて、ネットでも販売しています。
自分たちは子どもの介護で大きな負担を負っていながら、バギーに対する無理解から辛い思いをしたことをきっかけに、バギーマークを作って、社会の理解を得ていこう、と活動をしています。
こうしたマークがあったら、周囲の人たちは「あ、子ども用車椅子なんだ」と気づけますね。

http://blogos.com/article/206749/

★1:2017/01/23(月) 05:26:11.38
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1485142746/

▼つづく



続きを読む
posted by syatyosan at 08:11| 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする